小麦色の体

俺にとっての高級デリヘルの存在

黒い下着

デリヘル王に俺はなる!ドン!と息巻いてみたものの、デリヘル三昧の日々を過ごすほどの時間的余裕と、デリヘルに費やすだけの経済力が伴っていないので、ちょっとデリヘル王になるのはかなり先の事になりそうです。というかデリヘル王って何を持って宣言できるのか良く分からないんですが、やっぱり相当な数をこなさないとそう名乗ることは許されないんでしょうね。
だから暇な時間を見つけては安いデリヘルで遊んでいるんですが、安デリヘルばかりじゃなく高級デリヘルにもたまに猛烈に行きたくなってくるんです。ハッキリ言ってそんな高級店なんて気軽に行けるような身分じゃないんですが、貧乏人だって高級店に憧れを抱いたって何が悪いってんですか。掴もうぜ!高級デリヘル!って感じでいつかは高級デリヘル嬢を侍らせて最高の時間を過ごしたいと頑張っていますが、中々お給料の方が伴ってくれないので困ってしまいますよ。
男にとってのデリヘルの位置づけは千差万別でしょうが、私にとっては空気みたいなもんなんですよ。即ち無かったら黄泉の国へと旅立ってしまうってレベルで、あって当たり前の存在ということですね。そこまで依存するのはどうなのよって意見もありますけど、コレで良いんです。

元AV女優の高級デリヘル嬢との会話

綺麗な女性

高級デリヘル店にて、「元AV女優の○○!」などといったように、アピールしている女の子は、本当に元AV女優なんですよね。と、言いますか、既に作品があるのです…

高級デリヘル嬢へリクエスト

セクシーな女性

デリヘルや高級デリヘルってどこまでのプレイに対応してくれるのか、よく分かりませんよね。そんな境界線を研究するためという名目で、性欲を満たすためにデ…

俺にとっての高級デリヘルの存在

黒い下着

デリヘル王に俺はなる!ドン!と息巻いてみたものの、デリヘル三昧の日々を過ごすほどの時間的余裕と、デリヘルに費やすだけの経済力が伴っていないので、ちょっとデ…

TOP