小麦色の体

高級デリヘル嬢へリクエスト

セクシーな女性

デリヘルや高級デリヘルってどこまでのプレイに対応してくれるのか、よく分かりませんよね。
そんな境界線を研究するためという名目で、性欲を満たすためにデリヘルを利用してみることにしました。
出来るだけ無理な注文ができるように、なるべく面識のある子を呼ぶことにしましたね。
初めての人にあれやってこれやってと言っても、確実に受け入れてもらえないでしょうからね。
やはり、初めて呼ぶ子よりも面識のある子のほうが安心感があり、気楽に話をすることができますね。
そこで、顔にお尻を乗っけてもらうのはありかと聞いてみると、それは全然平気なようで、ちょっと試してみました。
若干の息苦しさが高揚感に繋がる良いプレイでしたね。
でも流石に、うんこを目の前でして、などの注文は受け入れてもらえませんでした。
おならならいいよみたいな感じでしたが、それじゃあ何も物が発生しないので微妙かなとこちらがお断り。
結局聖水プレイがそれっぽいかと、そこに落ち着くこととなりました。
初めてだったので、どうしたらいいのかわからず、とりあえず股間に口をつけて待っていると、聖水が発射され、口の中が凄い勢いでアンモニアって感じになってしまい、すぐにむせてしまいましたね。訓練が必要なようです。

元AV女優の高級デリヘル嬢との会話

綺麗な女性

高級デリヘル店にて、「元AV女優の○○!」などといったように、アピールしている女の子は、本当に元AV女優なんですよね。と、言いますか、既に作品があるのです…

高級デリヘル嬢へリクエスト

セクシーな女性

デリヘルや高級デリヘルってどこまでのプレイに対応してくれるのか、よく分かりませんよね。そんな境界線を研究するためという名目で、性欲を満たすためにデ…

俺にとっての高級デリヘルの存在

黒い下着

デリヘル王に俺はなる!ドン!と息巻いてみたものの、デリヘル三昧の日々を過ごすほどの時間的余裕と、デリヘルに費やすだけの経済力が伴っていないので、ちょっとデ…

TOP